HOME

”1984” NBBF広報より掲載
NBBF全日本ボディビルディング選手権大会

”1984” NBBF広報より抜粋する。当時の理事長高橋武志さん(現、NBBF会長)が実行された
     全日本大会の、主だった代表的な写真、記事を掲載する。


  ミズの部優勝


        細川佐代子選手(長崎)

 
1984年度、N.B.B.F.見ず&ミスター日本選手権大会が去る、
9月30日長崎市平和会館において盛大に開催された。大会は
午前10時、プレジャッジ開始。NBBF審査規程による自然体、
規定ポーズ、フリーポーズ比較審査の順で行われた。出場
選手全般に年々レベルが向上し、実力もかなり接近してきて
いるため審査が難航し白熱した混戦模様となった。
 午後1時大会開幕。特に今回は日本選手権が九州でも始め
て長崎に於いて開催されたこともあり県知事、市長その他多
数の来賓が出席さらに特別ゲストとして世界自転車選手権
大会八連覇達成の中野浩一氏、A.A.U.ミスターカリフォルニ
ア、ミスターロスアンジェルス、ミスターJR.アメリカ、ジョージ・
A・ジェファーソン氏が招かれた大会は、一段と盛りあがった。

 
 ミスターの部総合優勝

        金平春甲選手(京都)
 
 
大会はまず、ミスターの部ライトクラスから開始続いてミドル
クラス、ミズの部、最後にミスターの部の総合決勝の順で行
われた。大観衆を前にしての本番だけに、各選手とも予選の
時とはうって変って熱が入り、それぞれ力強いポージングを見
せてくれた。特に総合決勝のポーズダウンではステージの選
手と観客が一体となってまさに興奮のるつぼと化した。
 コンテストの結果、ミズの部では地元長崎から出場した、トレ
ーニングの歴3年細川佐代子選手、ミスターの部では、トレーニ
ング歴15年の金平春甲選手が優勝した。大会の後、午後5時
30分より場所を変えてレセプションが開かれ選手をはじめ多数
の参加者が心ゆくまでの親睦とNBBFの発展を祝った。
                       (レポート・高橋 威)


  ミスター総合優勝   総 合 2 位    総 合 3 位    総 合 4 位    総 合 5 位   総 合 6 位
   ミドルクラス優勝   ライトクラス優勝   ライトクラス2位   ライトクラス3位   ミドルクラス2位  ミドルクラス3位
   金平春甲選手     崎浜良雄選手   屋嘉比康選手   新垣清喜選手    宗村 忠選手   江崎俊岳選手

 ミズの部優勝                ミズの部2位                  ミズの部3位
 細川佐代子選手              壽崎道子選手                 牧 洋子選手


戻る

SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO